新しく始める人に最適

スーツの男女

新しく事業を始める際に、必ず必要になるのが事務所です。現在ではネットでのやり取りが常態化してしますが、やはり事務所があると安心してやり取りができるので安心感を与えることができます。そんな事務所を構えるにあたり、新しく事業を始める人において利用者数が増えているのが賃貸事務所です。賃貸事務所は不動産保有者が仕事場として活用したい人のために、保有しているフロアを住居ではなく仕事場としてカスタマイズをした部屋になります。新規事業者で借りる理由として、一番の理由は部屋の大きさによって支払いやすい料金設定がされていることです。賃貸事務所を借りる平均相場としては2部屋分のスペースを借りる場合には月額10万円が必要となり、ワンフロア全体の規模を借りる場合には最低でも20万円以上が必要になります。

借りたらすぐに利用できる

握手

なぜ新規に事業を行う人で利用者が増えているのかというと、月額料金を支払うだけで借りた段階からすぐに仕事を始められるからです。事務所を構える場合において許可申請と同時並行で、最低限として水道設備や電気関連設備そして机などを用意する必要があります。事務所を構えるうえで必要人数をそろえるには、多くの資金と時間がかかります。その点、賃貸事務所は仕事場としてあらかじめ準備された部屋なので、初期費用が安く済みます。ただ初期費用が安く済むといっても、注意してほしいのは月額料金の積み重なった料金を必ず計上しておくことです。賃貸物件を借りる際に、数年以上がたつと本来であれば本拠地となる事務所を構えたほうが予算が安くなるという時期が必ず来ます。その時が来るまでは、最低限の設備が整っている賃貸事務所は有効に活用できます。

メンテナンスをしなくてもよい

マンション

賃貸事務所を借りるうえで、最大のメリットに挙げられるのが借りた後のメンテナンスを考えなくてもよいことです。事務所を構えるうえで最も重要なことは、自信を含めた従業員が安心して仕事ができる場所を提供することです。新品の建物であっても、電線のショートや水漏れなど何らかの問題が起きる可能性は十分にあります。事務所を購入すると、そういった不具合が起きた時には業者に連絡を入れて修理をする必要があるため費用と手間がかかるわけです。その点賃貸事務所の場合には、料金を払うことによる貸し出しサービスのため、建物の保全費用も含まれていることから事務所の権利は保有主が持っています。建物の安全性の確保は保有主の責任になるので、今後も安心して借りてもらうためには不具合が出た時にすぐに対処をする必要があります。この賃貸事務所を借りることによって自身の過失の場合には責任をもって修繕をする必要がありますが、自身が関与せず運営が難しくなるような不具合が起きても保有主がすぐに修繕をしてくれるのでメンテナンスをしなくて済むのがメリットです。

オフィス

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中