HOME>オススメ情報>時世の変化に対応するときは購入するより借りるメリットの方が大きい

オフィスを借りる場合のメリット

説明を受ける夫婦

賃貸事務所とは賃貸借契約を結んでオフィスを借りることです。似たような仕組みにレンタルオフィスがありますが、月単位で空間の利用契約を結び使用料を支払うレンタルオフィスとは契約内容が違います。賃貸借契約はマンションやアパートを借りるときときに結ぶ契約と同じで、基本的に借地借家法や原状回復義務が課せられます。オフィスを構えるときに賃貸か購入か迷うことがありますが、購入と比較したときに考えられるメリットは次の通りです。まず初期費用を軽減できることです。購入には頭金や諸経費が発生しますが、そういった経費を抑えることができます。次に建物管理やメンテナンスの必要がないことです。ビル管理や清掃はオーナーや不動産会社の役割なので、手間がかからずコストパフォーマンスがよいです。また企業の事業展開に合わせたオフィス移転が容易なこともメリットです。

オフィスを借りる場合のデメリット

スーツの女性

様々なメリットがある賃貸事務所ですがデメリットもあります。まずある程度の利用制限があることです。使用時間や引き込みできる電話回線の本数など制限がある場合があります。また首都圏などでは希望通りの物件を探すのが難しいです。希望に添った物件があったとしても賃貸料が高額ですし、経済状況によっては賃貸料が上がる可能性もあります。移転のたびに発生する費用も購入にはないコストだといえます。ただしオフィスを資産ではなく将来にわたる事業展開の拠点のひとつと考えるのであれば、移転費用がかかったとしてもやはり借りるメリットは大きいといえます。

広告募集中