HOME>トピックス>居住用賃貸とは選び方の基準が異なるので要注意

目次

居住用賃貸とは選び方が異なる

オフィス

賃貸事務所は一般の居住用賃貸を借りるのとはやや事情が違っています。居住用賃貸と同じ感覚で探すと、ミスマッチが生じる可能性大です。初心者が賃貸事務所を借りるうえで大切なのは、アクセスを第一に考えることです。事業所には取引先やお客様などが訪れることがあるので、相手の利便性も考えて立地条件を決める必要があります。一般的には事務所までのアクセスがわかりやすく、迷うことなく到着できる場所がベストです。賃料は安価に抑えたいところですが、高額賃料の賃貸事務所はアピール力、ステイタス性などが優れている特徴があります。

事務所のある場所が利益率に直結する

社員

商品・サービスに絶対的な自信があれば、賃貸事務所の場所はどこでもいいと考えるかもしれません。しかしいかに優れた製品を抱えていても、お客様に認知してもらわないと意味がありません。そのため賃貸事務所の立地条件を考えるときは、事務所が目立つ場所にあるか、人通りはどの程度か、などを調べておく必要があります。当然ながら人がほとんど通らない場所よりも、繁華街のほうが事務所を見つけてもらえる確率は高くなるでしょう。一般的に賃貸事務所は賃料が高額になるほど集客力が上がるため、それに比例して利益率も上がると言われています。

広告募集中